過払い金の計算方法

弁護士費用を節約したい為、自分で過払い金の計算を行うという場合の計算方法についてご紹介します。計算そのものは難しくなく、要は単に払い過ぎている利息を求めればいいわけです。例えば、50万円を29.2%の金利で借入した場合、1年後64万円6千円の利息となりますが、当然これは現在では払い過ぎとなりますので、金利をこの借入金額の上限金利である18%として計算します。すると1年後は59万円となるので、過払い金として請求すると5万円6千円が戻ってくるのです。ただ、これを分割で返済するとなった場合はまた変わってきますので、これについても見ていきます。上記の条件と同じと仮定して1年間で14万円6千円返していくこととなった場合、1年後の借入残高は50万円となり、それにまた29.2%の金利が上乗せされるので、借入残高は64万円6千円に戻ってしまいます。

一方、これを18%として同じように計算した場合、1年後の借入残高は44万円4千円となり、翌年の借入残高は37万7,920円となり、その翌年は29万9,945円といったように先ほど違い確実に減っていき、いつかは完済する年がきます。そして、完済する年以降に払った分が過払い金としての請求が可能な金額となります。以上のような計算であれば自分でも行えるかと思いますので、ぜひ自分でやってみてください。