請求の流れ

過払い金の請求を行う際にはまずは消費者金融に対してこれまでの利用履歴の提示を要求することから始まります。利用履歴が手に入ったらそれを元に先ほどご紹介した引き直し計算によって過払い金が存在するか否かの確認を行ってみてください。確認をした結果過払い金が戻りそうであれば、消費者金融に対して請求書を送付します。その後消費者金融に電話をして過払い金の請求に関しての相談を行いますが、消費者金融としても出来るだけ支払いは避けたいため、ここで折り合いが付かないことが多いようです。

その場合、今度はこちらで裁判を起こすことになり、裁判結果によってはこちらの希望する金額が戻ってくることになります。ただ、戻ってくるまでの期間に関しては思った以上にかかると考えてもよいでしょう。お金は銀行口座への振込によって戻されますが、弁護士を利用した場合には弁護士への報酬等を差し引いた金額が戻ってくることになります。

ちなみに、この口座に関しては、任意の口座を指定できることが多く、事務所で直接受け取れるところも存在するようです。弁護士を利用すると過払い金が多く戻るといった他に、請求に関わる手続きを全て任せることができるというメリットがありますので、過払い金が多く戻りそうな方であれば、特に弁護士を利用された方がよいかと思われます。