取引期間が長い人は注意

過払い金は消費者金融等を利用した期間が長いほど多くのお金が戻ってくる可能性が高いわけですが、利用した期間が長い場合は、途中で金利が変更となっている場合や過払い金の時効には注意する必要があります。例えば、現在は違法ではない金利であっても、かつてグレーゾーン金利がまだ存在して時の借入を返済したものについては過払い金の対象となる可能性があるのです。また、過払い金は完済した日から10年で時効を迎え、その後は一切過払い金請求を行えないとされているわけですが、ここで一つ問題が出てきます。

それは、初回の完済日から何年か経ってから再び利用した場合です。この場合、2回目の利用については当然過払い金として認められる可能性が高いですが、最初に完済した日から10年以上経っており、尚且つ2回目の利用との期間があまりに長いとなった場合は、過払い金の請求ができない場合もあるので、気を付けましょう。

このように利用期間は長くても複数回にまたがっている等という場合は、こちらとしても作業が難しくなってきますので、弁護士に相談されることをお勧めします。これは、上記の例に限らず過払い金の請求の際は、弁護士を利用することでより多くの過払い金が戻る可能性もあるからです。