過払い金の仕組み

皆さんは利息制限法と出資法という法律をご存知ですか?今回は過払い金に関するお話をしていきますが、これら2つの法律と過払い金には密接な関係があり、消費者金融等の貸金業者が設定できる上限金利について書かれています。利息制限法では、借入金額によってその上限金利が決まっており、10万円以下の借入であれば20%、10万円を超過して100万円より少ない場合は18%、100万円以上の場合は15%となっており、これ以上の金利は設定できません。

一方、出資法では29.2%と利息制限法より高い金利が認められていました。しかし、平成22年6月に新たな貸金業法の施行によって、出資法の上限金利は20%に引き下げられたことによって、利息制限法の上限金利と同等のものとなったのです。また、当時、出資法には罰則が存在しましたが、利息制限法には罰則が存在しなかった為、消費者金融は違反していることを認識しつつ、利息制限法の上限金利を超えた金利で返済を要求していたという事実があります。

ちなみにこの利息制限法と出資法で定められている間の金利をグレーゾーン金利と呼び、この金利で支払っていた方が過払い金の対象となるわけです。過払い金は利用した期間が長いほど大きくなっている可能性が高い為、場合によっては何十万も戻ってくることもあるでしょう。戻ってくる金額に関しては手計算でも求められますが、過払い金の計算を自動で行ってくれるツールもありますので、一度計算してみることをお勧め致します。